小説・エッセイ / ミステリー・サスペンス / ライトノベル / 漫画(コミック) / ビジネス・経済・就職 / 語学・学習参考書・資格 / 人文・思想・社会 / 科学・医学・技術 / 美容・暮らし・健康・料理 / ホビー・スポーツ・美術 / 旅行・留学・アウトドア / PC・システム開発 / エンターテインメント / ノンフィクション / 写真集 / 絵本・児童書 / 雑誌 / 洋書

覚醒剤アンダーグラウンド 日本の覚醒剤流通の全てを知り尽くした男

タイトル:
覚醒剤アンダーグラウンド 日本の覚醒剤流通の全てを知り尽くした男

作 者:
高木瑞穂

発売日:
2021-10-27

出版社:
彩図社

説 明:
我が国の覚醒剤史を紐解くと、「第一次覚醒剤禍」「第二次覚醒剤禍」「第三次覚醒剤禍」の三つに大別されることが分かった。
「第一次覚醒剤禍」は、第二次世界大戦中に眠気を除去し集中力を高めるという理由で日本軍に重宝されたヒロポンの中毒者が終戦直後、混乱した社会情勢のなか多く生まれたことを指すが、以降の「第二次覚醒剤禍」の裏ではヤクザや韓国と日本の、時の両政府が、「第三次覚醒剤禍」の裏ではヤクザや警察や米軍が跋扈していた。
むろん、ヤクザが絡んでいることは誰もが想像できよう。だが、政府や警察や米軍までとは思いもしなかったーー。
「はじめに」より

Recomended Books ミステリー・サスペンス

花嫁は歌わない

赤川次郎


裁き屋稼業

南英男


フーガはユーガ

伊坂幸太郎


Recomended Books ノンフィクション

地域人 第75号 「本屋は続くよ」

大正大学地域構想研究所


「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本

マックス・フォン・シュラー


Recomended Books 雑誌

ユーロマンガ(1) 試し読み本

Kenny Ruiz/Kid Toussaint/Merwan


本当にあった笑える話 2022年1月号

桜木さゆみ/チャールズ後藤/華桜こもも


コンビニ2021年12月号

コンビニ編集部


MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5 Cities Issue

MITテクノロジーレビュー編集部


Kindle
無料

Apple Books
無料