小説・エッセイ / ミステリー・サスペンス / ライトノベル / 漫画(コミック) / ビジネス・経済・就職 / 語学・学習参考書・資格 / 人文・思想・社会 / 科学・医学・技術 / 美容・暮らし・健康・料理 / ホビー・スポーツ・美術 / 旅行・留学・アウトドア / PC・システム開発 / エンターテインメント / ノンフィクション / 写真集 / 絵本・児童書 / 雑誌 / 洋書

裁判官が日本を滅ぼす

タイトル:
裁判官が日本を滅ぼす

作 者:
門田隆将

発売日:
2021-10-13

出版社:
ワック

説 明:
司法改革のバイブルとなった問題の書、ついに復刊!
「裁判官が日本を滅ぼす」と言えば、国民の大多数は、「それ、ホント?」と言うに違いない。
しかし、残念ながらそれは本当のことなのだ。
真実を追及するはずの日本の法廷では、真実や正義とはまるでかけ離れたゲームが日々、繰り広げられている。
いわゆる「法廷ゲーム」である。
日本の官僚裁判官は、200件、300件の案件を常に抱え、それぞれが、ゲームのアンパイアとして、国民の常識や社会正義とは無縁のジャッジを日常的に下している。
そこには、国民の奉仕者である本来の公僕としての姿は、まるでない。
法律の殻だけに閉じこもった世間知らずなゲームのアンパイアたちは、一体どんな非常識判決を下しているのか。
気鋭のジャーナリスト門田隆将が、実際の裁判を実例にして、裁判官それぞれの実名を挙げながら、日本の裁判所の恐るべき実態と問題裁判官を告発し、司法の"闇"に大胆に迫った問題作である。
2009年に裁判員制度がスタートするなど、司法改革が着々と進む中、果たして日本の官僚裁判官は、「生まれ変わる」ことができるのか。
ベストセラーとなった単行本に、このほど大幅な加筆をおこない、再び裁判官問題を世に問う渾身のノンフィクションーー。

Recomended Books ミステリー・サスペンス

花嫁は歌わない

赤川次郎


裁き屋稼業

南英男


フーガはユーガ

伊坂幸太郎


Recomended Books ノンフィクション

地域人 第75号 「本屋は続くよ」

大正大学地域構想研究所


「太平洋戦争」アメリカに嵌められた日本

マックス・フォン・シュラー


Recomended Books 雑誌

ユーロマンガ(1) 試し読み本

Kenny Ruiz/Kid Toussaint/Merwan


本当にあった笑える話 2022年1月号

桜木さゆみ/チャールズ後藤/華桜こもも


コンビニ2021年12月号

コンビニ編集部


MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.5 Cities Issue

MITテクノロジーレビュー編集部


Kindle
無料

Apple Books
無料